2011年12月08日

京都紅葉情報:嵐山宝厳院

京都の紅葉は3週間例年より遅れているとの巷の噂。これは10年ぶりとのことなので早速本当かどうか確かめに、先日(12月7日)嵐山の宝厳院チェックに行ってきました。宝厳院はまさに”両もみじ”空を覆う真っ赤なもみじと苔のじゅたんを覆うもみじで包まれていました。
It is said that this year Autumn leaves season is late for three weeks than usual in Kyoto.The other day I went to Hogenin in Tenryuji is famous for
fallen leaves.There are doble beauty the leaves and fallen leaves on the moss
ground.
嵐山1.jpg

宝厳院は、伝統的な回遊式庭園?ですが、歩き進む度、様々な綿密に意図した庭園の造形美が眼前に展開します。つまりは、もみじを始めとした木々と岩が苔の完全調和が図られています。
Hogeiin is a traditinal Japanese garden.But it holds a different kind of beauty.The garden was designed by Japanese Masters.Each rocks is perfectly placed as are the trees.
宝厳院1.jpg

宝厳院2.jpg

宝厳院3.jpg

宝厳院5.jpg

宝厳院6.jpg

This garden is multi-leveled so every steps you take gives you a different
perspective into this simple yet powerful work of art.
宝厳院11.jpg

宝厳院10.jpg

宝厳院9.jpg

姑筒ルート.jpg
posted by きらくいん at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | KAZ' KYOTO
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51549593
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック